ロレックス スーパーコピー ヨットマスター 40mm パヴェダイヤ 126655

まず一目でわかる特徴として、各歯車を独立して支えるスケルトン・ブリッジがあります。
これは、ジュネーブで作られた古典の懐中時計に見られる意匠を取り入れて作られ、よりジュネーブのブランドという事を意識したものだそうです。

ロレックス スーパーコピー ヨットマスター 40mm パヴェダイヤ 126655
型番: 126622 /126621 / 126655 
モデル: ヨットマスター40
外装: 型番による
ガラス材質: サファイアクリスタル
ケースサイズ: 40mm
ムーブメント: Cal.3235
駆動方式: 自動巻き
パワーリザーブ: 約70時間
機能
防水: 100m
耐磁: あり

また、リサイクル素材で作られた18金マイクロローターによる自動巻きとセンターセコンド表示もあまり見ない組み合わせです。

センターセコンド表示を実現するためには、ロレックス腕時計 中古ムーブの真ん中にある2番車(1時間で1周する)に4番車(1分で1周する)を重ねる方式や、4番車から1:1の中間車で伝える方式などがありますが、SXH5ではそれらを更にアレンジしたような方法を使っています。

巻き上げと計時輪列のトルク伝達を矢印で示しました。
赤色の矢印が本来の計時輪列の流れで、香箱→ムーブメント中央からオフセットした2番車→3番車→4番車→ガンギ車→アンクルとテンプと伝達し、終端の脱進作用により輪列全体が調速されます。
この図で7:30の位置にあるのが本来の4番車であり、ここに針をつければスモールセコンドにはなりますが、センターセコンドにはなりません。

センターに1分で1周の回転を伝えるのが青色の矢印で、2番車らから輪列を分岐させ、センターセコンド用3番車から4番車のピニオンと同じ歯数のセンターセコンドピニオンに回転を伝えます。
香箱から見た加速比は4番車と同じなので、センターセコンドピニオンは1分で1周します。

【関連記事】:オシャレな時計でファッションセンスもアップ

ピーチ・ジョンのバレンタイン“リップ”モチーフのランジェリー&ハート柄キャミセット、ペアパジャマも

ピーチ・ジョン(PEACH JOHN)からバレンタインデーに向けた数量限定コレクションが登場。ランジェリーやルームウェアなどを全国のピーチ・ジョン店舗ほかにて、2022年1月12日(水)より発売する。

バレンタインデーに向けた数量限定コレクションには、リップモチーフやハートを取り入れたキュートなランジェリー&ルームウェアがラインナップ。

“恋人にキス”という甘い言葉がバレンタインにぴったりの「Kiss My Love ブラセット」は、リップモチーフのエンブロイダリーレースを散りばめた華やかなデザインが魅力。ロエベ 服 店舗ブラジャーはそっとバストを包み込むような軽い着用感に仕上げ、ショーツは上品で煌びやかなサテンリボンをサイドにあしらった。

光沢感のあるサテン生地のキャミソール&ショーツのセットには、ロマンチックな“ハート柄”をデザイン。キャミソールは、ネックラインのギャザーとバックスタイルの程よい肌見せで、甘すぎない印象に仕上げている。カラーは、真っ赤なハートが際立つベージュと、深いピンクのハートが大人っぽいムードを演出するピンクの2色が揃う。

パートナーとお揃いで楽しめる毎年人気の“バレンタインパジャマ”もお目見え。「メッセージ」をテーマに掲げた2022年は、お揃いで着用して腕を前で組むと、まるでメッセージをやり取りしているのかのように見えるユニークなデザインで登場する。素材は、暖かい裏起毛のスウェット生地を採用しているので、寒い冬でも快適に過ごせそうだ。

その他、ハート柄のポーチや、しなやかで美しい肌へと導いてくれるボディケアアイテムも展開される。

【関連記事】:ファッションニュースの追跡

ティファニーが誇る伝説のデザイナー 「ジャン・シュランバージェ」の世界|名品バード オン ア ロックなどが一同に!

20世紀のジュエリー界を牽引したフランス人クリエイター、ジャン・シュランバージェ。1956年にティファニーのデザイナーに就任し、自然から着想を得た独創的なデザインで、数々の名品を生み出しました。

ティファニー各店では現在、シュランバージェの世界を表現したキャンペーンを展開中です。

ファッションニュース_1,名品_1,ダイヤモンド_1

「バード オン ア ロック」ブローチ (C)TIFFANY & CO.

自然を愛したジャン・シュランバージェは、自然から着想を得て、ゴールドやジェムストーンを使って、花やエキゾチックな鳥、伝説の生き物などをジュエリーデザインとして表現することを得意としていました。

シュランバージェの代表作「バード オン ア ロック」ブローチは、自然の美しさを独創的なデザインに昇華するシュランバージェの才能と、職人の熟練の技術が融合して誕生しました。今なお時代を超えて世界中で愛され続ける名品です。

2021年のティファニーのブランドキャンペーン「ABOUT LOVE」では、ビヨンセ(BEYONCE)とジェイ・Z(JAY-Z)が起用され、ジェイ・Zが44カラットのモルガナイトが輝く「バード オン ア ロック」ブローチと、このブローチを再構築して特別にデザインされたカフリンクスを着用して注目を集めました。ファッションニュース_2,ブレスレット_1

エナメルブレスレット 上/¥4,345,000、下/¥7,810,000 (C)TIFFANY & CO.

シュランバージェによって生み出されたジュエリーは、多くのセレブリティたちも魅了し、その名前で呼ばれる名品も多く残ります。そのうちの一つ、鮮やかなカラーリングと熟練職人の精巧なエナメル細工によって創り出されるエナメルブレスレットは、ジャクリーン・ケネディが愛用していたことから、通称「ジャッキーブレスレット」と呼ばれ、今も多くの人々に親しまれています。名品_2,ファッションニュース_3,指輪_1,ダイヤモンド_2

「16ストーンリング」全て¥1,419,000 (C)TIFFANY & CO.

また、シュランバージェの代表作の一つに「16ストーンリング」があります。ティファニーの高度な石留め技術によって16個のダイヤモンドが規則的に配置され、伝統の金細工の技と融合したこのリングは、アンティークジュエリーのような繊細さと斬新さを併せ持ち、時を超えて私たちを魅了します。

今回のティファニーのキャンペーンでは、ジャン・シュランバージェの数々の名作をインスピレーションの源に、幻想的で芸術的なシュランバージェの世界を各店にて展開しています。

【関連記事】:https://jupzhuang81.wordpress.com/

THE NORTH FACE はファッション界でどのようにして確固たる地位を築いたのか?

今更説明不要かもしれないが、山での使用を第1に考えてデザインされている〈THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)〉のプロダクトは、ノースフェイス リュック第2のホームと呼べるほどストリートでも圧倒的な支持を得ている。

それは、スケートボーダーたちがこぞって〈Carhartt(カーハート)〉を着始めたことに通じるものがある。作り手が意図していない用途で使用したり、またはターゲット層以外が好んで着用したり、そうすることで新たな意味を見出すプロダクトは少なくない。登山家や探検家にとっての絶対的なブランド〈THE NORTH FACE〉に関しても、時代の流れに左右されることなく数十年にわたって高い人気を博すプロダクトがある。登山や探検のためでなく、スタイル重視な人たちにも受け入れられているのだ。もちろん、スキーを楽しんだあとに着るという意味ではない。イギリス・ロンドンや東京など世界中の大都市において、Nuptse(ヌプシ)やMountain Jacket(マウンテンジャケット)といったタフなアウターウェアはある種のステータスになっている。とはいえ、〈THE NORTH FACE〉がストリートで爆発するキッカケを作ったのは、間違いなくアメリカ・ニューヨークだろう。

これまでもNuptes、Mountain Jacket、Denali(デナリ)については様々な記事で取り扱ってきたが、今回『HYPEBEAST』は〈THE NORTH FACE〉ヨーロッパ支社のデザインディレクター、Darren Shooter(ダレン・シューター)に話を聞いた。プロダクトについてはもちろんのこと、ブランドを代表する3モデルがストリートで確固たる地位を築くまでの道のりなど、ぜひインタビューをご覧いただきたい。

ボーリング・バッグ:傾向または古典的でありそうもない

非常に人気のボーリングバッグの形状は、90年代後半と2000年代初頭、ファッションの古典的なアメリカのボーリングのバッグにレトロなオードで流行し始めた。多くのハンドバッグ愛好家のために、それは春/夏2000のためにリリースされたプラダの象徴的なボーリングバッグを考えずにボウリングバッグを考えることは不可能です。そして、そのように、カルト好きなボウラーがすぐに世界中で売り出しているヒットになったので、すべての間、現代のハンドバッグ史でその場所を得ています。シャネルとディオールのような他の象徴的な高級ブランドも、流行のシルエットの彼ら自身のバージョンをリリースして、形を大衆化するのを助けました。


しかし、ルイヴィトンアルマのリリースで、元のボーリングバッグの1つは、90年代初頭にさかのぼると主張することができます。アルマのデザインは30年代(ココ・シャネル自身のために設計されたもの)からのシルエットに基づいていましたが、我々が今日知っているように、Almaは1992年にブランドの象徴的なモノグラム・キャンバスでリリースされました。部分的にアールデコ運動に触発されると言われて、それは、アルマの形が風変わりな古典的なボーリング・バッグに類似していることは否定できません。つの短いハンドルによるその平らな底/丸いトップシリンダー形によって特徴づけられて、半円形のバッグはエレガントでシックなだけでなく、それのサイズのためにも非常に機能的です。
そして、1920年代にさかのぼるルーツを持っているが、1994年に公式にボイドとしてその名を与えられました。どちらが最初に来たかについての議論、ボイドまたはアルマは残っていますが、両方のバッグが我々が現在ボウリングバッグとして知っているものに似ているということを否定することはありません。そして、ちょうどBolideバッグが純粋な機能から動かされて、動機付けられた自動車時代の間、機動性でつくられたように、ボーリング・バッグも純粋な必要性からつくられました。伝統的に、もちろん、それはボーリング・ボールを運ぶことになっていました。


50年代と60年代からのレトロなボーリング・バッグは、彼らの形だけでなく彼らの大胆な色によって特徴づけられます、そして、これはプラダの復活とディオールの最近の進出もボウラーにも見られることができます。しかし、ボウリングのバッグのシルエットは、その形では、この形の傾向が少なく、古典的なより多くのこと、そのコアで時間がなくて滑らかに感じることができます。そして、90年代と1990年代初頭のファッションとしてカムバックを続行するには、ボーリングのバッグは、今だけではなく、永遠に滞在するここにあります。

ムーンスター「エイトテンス」“キッチン靴”着想スニーカーに、マットなグレー系の新色

ムーンスター(MOONSTAR)のプロダクトライン「エイトテンス(810s)」は、2022年春夏シーズンの新作シューズを2021年12月21日(火)より取扱店舗にて販売する。

ニュートラルな新色で彩る定番スニーカー

「キッチェ」「スチューデン」 5,500円
「キッチェ」「スチューデン」 5,500円

2022年春夏は、定番モデル「キッチェ(KITCHE)」「スチューデン(STUDEN)」がグレー系のセメント、フェードがかかったチャコール、アイスグレー、トープの新色で登場。エイトテンスの強みであるプロユースの機能性はそのままに、“ちょうどよく”日常のスタイルに馴染むシューズを提案する。

“キッチン靴”着想「キッチェ」

無駄のないシルエットとマットな素材感が特徴の「キッチェ」は、厨房や食品工場で使われるキッチンシューズをデイリーユース用にアップデートした1足。滑りにくさを叶えるマルチストッパーソールや手入れが楽なアッパー素材を採用しているのが魅力だ。

グレー系カラーの「スチューデン」も

「スチューデン」は学生用のグラウンドシューズがルーツ。アッパーには、踵をサポートするヒールカウンターや夜道での安全性を高める反射材を搭載した。春夏シーズンは涼し気な印象のメッシュ素材&グレー系のニュアンスカラーで登場。

そして私はイギリスでまだここに持っているクラフトによって吹き飛ばされました

私たちは常に心を持っている。彼女は年齢、潜在的に彼女は何かを奪還しようとしている。そのような方法で現代的で古い両方の服の程度が、彼らはエコーがあります。少し郷愁があります。
それは非常に王の道だ、私は思う、そして、その道が象徴的に意味するもの、それが表すものの多様性。だから、彼女はキングスロード、特定の時間から、しかし、あなたは今王の道に行くことができるので、それは全く悲劇的です。私は、ロンドンやミランやパリにいるかどうか、文脈で物事を文脈で下げることができるのが好きです。
ノスタルジアは、ファッションの通貨ですが、その現実は、そのノスタルジアを利用している人々のほとんどがそこにいなかったということです、彼らはそれについて何も知りません。彼らは起こった何かをgoogledしました、そして、それはコピーされて、コピーされて、コピーされて、本当にその過去へのどんな本物の接続でもありません。ノスタルジアは記憶の記憶であり、それは本当に面白いアイデアだと思います。それはノスタルジアについてのコレクションです。エルメス(HERMES)人気バッグそれはどういうわけか、それを構築しようとしている、それらの感情のいくつかを置くために、どのように服を一緒にキャットウォークのプレゼンテーションで感じるように使用される。
私はウオールマーク賞のファイナリストの一人として発表された後、7月に秋/冬19について考え始めました。私がWoolmark賞のために設計したコレクションは、本当に私が私の主なコレクションのためにしたものに供給されました。彼らは私をウール研究所に招いてくれました。そこではイギリスで持っているこれらの驚くべき羊毛工場のすべてに私を紹介しました。そして私はイギリスでまだここに持っているクラフトによって吹き飛ばされました。私は北部(私はどこから)の工場を訪問し、それらを収集し、コレクションを作成することができた。
数ヶ月前、私はどうにか犬のファッションショー(真剣に)に参加して、キースと呼ばれているフレンチブルドッグのためにDWF服装をすることに終わりました。私は彼の事務所で彼(JJメディア)で彼を測りに行きました、そして、私がそこに着いたとき、私はそれが私がこの季節を示したかったところであったことをすぐに知っていました。それは古い工場だったので、コレクションのスタイルに適しており、私はそれが好きなものを行うことができました。春/夏19は私の最初の滑走路ショーであり、私は本当にそれと一緒に行った、この大きなショーを行ったし、私は持っている必要がありますより多くのお金を過ごした、それはそのシーズンのために右感じたが、秋/冬19に来たとき私は本当に私のための正しいフォーマットは何かわからなかった。
私は、コレクションをリリースする多くの方法があります、そして、滑走路が必ずしも正しいものでないという堅実な信者です。この会場では、私はフォーマットで遊ぶことができました。我々はサロンショーのようにそれを作りました、そして、スペースの中央(ハダーズフィールドで織られた1本のHoundstooth布の1つの部分と私の姉妹Abigail Fletcherによって設計されるヨークシャー荒野を代表するために樹脂で鋳造される)の中で彫刻を中断しました。
私がコレクションの研究をしていたとき、私は60年代と70年代から多くのジョンBulmerの写真を見ました。私は1976年にマンチェスターユナイテッドフットボールのグラウンドの外で撮影されました。それはとても強力な私は本当にコレクションでそれを使用したい。 バッグ・小物 | レディス | エルメスの製品月遅くにジョンの住所を見つけて手紙を書いた。それから、大晦日に、彼は私に彼が私にそれを使うのがうれしいと言うように私に電話をしました、そして、それは我々が季節の間私のシルクシャツの上で協力して終わった方法です。それは非常に高速でした、そして、私は私がとても長い間賞賛した誰かと協力したことを光栄に思います。
キャスティングは今季の少しの旋風でした(とにかく、1月5日にファッションウィークを開始することでしたか?)私たちは、ソフィーLynas、私のキャスティングディレクターとベンスコーフィールド(私のスタイリスト(両方とも驚異的で、私は永遠に負債を受けました))のおかげで驚くべきラインアップで終わりました、しかし、我々はショーの前に夜10時にパリからまっすぐに電車から彼らをまっすぐに見ていました、それはかなりタイトでした!ありがたいことにティートリーは私たちに行くためにお茶の袋の山を送った!

なぜあなたは新しいヘルムセントのポッドキャストを聞く必要がある

ポッドキャストは素晴らしいです、そして、バーキンバッグは象徴的です。それから、2つがバッグの後でブランドに我々にすべての洞察を与えるために一緒に融合されたことは、どんな驚きでもありますか?リスナーを与えることを目的としてどのようにヘルムのsは、2019年に成功したブランドとして動作し、ポッドキャストは、“ルfaubourg des rは、”(翻訳:“夢のフォーブル”)は、今すぐダウンロードすることができます。

それは信じられないほど洞察力のある聞いている。8つのエピソード-各1つの12分長い-ポッドキャストは、最初のヘルムの店のパリのアドレスの後に名前を付けて、24ルーデフォーブルグ聖ホノア、ブランドの従業員と様々なインタビューを備えています。

シルクのカウンターから革の木こりには、バーキンバッグの有名人のfanbaseについて話をするにはあまりにも離散的であるIntervieweesは、ピエールアレクシスデュマ、“夢のマスター”、“Antoine Platteau、”“と”アンリd ‘ Origny、“鉛筆男”。 エルメス レザー バッグ「それぞれの文字は、彼らの日々のスケジュール、彼らの仕事、彼らの選ばれた経路、そして、彼らが考えるヘルムがsであるユニークな、特定の家を今日であると考える特質を記載している現場で聞かれます」と、ブランドが声明で述べました。

彼女は彼女が「静かな種類」だと主張しているが、それはクリス・ターリントン・バーンズが彼女の母体の権利非営利団体との騒音をすべての母親が数えているのを止めていない。エリーパイは、ヴォーグの9月のカバー撮影のセットの上で、脳活動家に会います。

クリスティTurlingtonバーンズはニューヨークのスタジオにリンクして、静かにピーターLindberghこんにちはにキスして、読むために、角で彼女自身を座ります。誰もスーパーモデルの到着に気付きました、そして、彼女は人間であることの彼女のコピーの上でポアに満足しています。

彼女は長い花のスリップドレス、デニムジャケット、メガネではなく、メイクのスクラップを着ている。彼女が彼女がナトリー・キャンベルとリンダエバンジェリスタとキャットウォークを盗んだとき、50で、彼女は1980年代にいた時と同じくらい熱狂的です。彼女の足には、プラスチックのブーツは、ストレスの骨折の結果を実行中に維持されます。どうにか、彼女はそれを無茶苦茶に見えさせます。「良いことだと思います、それは私が本物のランナーだというサインです」と彼女は微笑んだ。(彼女は2011年から毎年マラソンを運営しており、2015年のロンドンマラソンでは3時間46分の個人的なベストを得ている)

ターリントンバーンズは、常にスーパーモデルチームで“それを維持リアル”キッドされています。彼女は14でモデル化を始めて、即座の名声を見つけました、しかし、哲学と比較宗教を研究するためにニューヨーク大学で立教するために、彼女の経歴のピークで、26才で、1995年にすべてそれを与えました。

彼女はいつも彼女のファッションキャリアをパラレルユニバースと考えていると言います。エルメス バッグ「業界自体がこれらの種類の神話を永続するのが好きであるほど、スーパーモデルのものの高さでさえ、それは本当に魅力的でありませんでした」と、彼女は思い出します。私は自分自身の写真は、私が働いていないときに、私は服を着たり、特定の方法で動作しようとしているのを見ることができます参照してください

モデリングは、ポスト大学、彼女はスキンケアをし、ヨガアパレル事業を設定したときにサイドデルされた。2003年に、彼女は俳優エドバーンズと結婚して、2004年にカップルの2人の子供たち、グレース(現在15)の最初に生まれました。経験は致命的だった:グレースの出産中に彼女は産後出血で苦しんだ。それは彼女の母親の健康上の問題を調査するように促した。

あなたは彼女が熱烈なファンであると言うことができました

今週のパリでの空気中のある種の簡素化があります。それが持続可能性理由のためにそのコアにファッションを還元することについてであるかどうかにかかわらず、我々の時間の超過でそれを取り除いて、単に単に冷たい寒さ小売目的のために製品を集中させて、それは純粋に唯物論的なレベルで望ましいと感じるコレクションを生み出しています。それはロマンチックではないかもしれないし、ファッションの夢に話すが、それはあなたのドーパミンラッシュを与えるの嵐を買い物の考えによって引き起こされる。何も悪いことではない。エルメス最高級ブランド簡素化のその波はまた、土曜日の夕方に紛れもなくヘルムのコレクションを提示したが、しかし、以前の提案よりも複雑で複雑ではなかったが、1つのNAD – FXのGE Vanhee Cybulskiをヒットしていた。「私は、古典主義を生命を見る現代の方法とみなします」と、彼女が言いました。そして、彼女がコレクションに接近しているように見えた浄化されて明らかにされた方法の同義語でありえました。
Vanhee – Cybulskiのセットは、音を吸収して残響している材料から作られる穿孔壁で音楽オーディトリウムのイメージで造られました。「我々は、音と視覚の経験を与えたかったです」と、デザイナーが言いました。そして、間接的に彼女の大好きなデイビッドボウイ歌のいくらかから成るサウンドトラックを参照しました。(あなたが典型的なスマッシュヒットでなかったので、あなたは彼女が熱烈なファンであると言うことができました。」私は、それらのすべてのトラックで育ちました。それは快適地帯だった。私は、今日、非常にリラックスしました。「私は本当に強い女性らしさを持ちたかったです。そして、それはそれが全くアンビバレントであるので、定義するのが常に難しいです。「私は、ヘルム卿の家で見る官能性を持っていきたかったです」と、Vanhee Cybulskiが言いました。
「女性として、あなたは魅力的でありたいです、あなたは一人で去られたいです、あなたは強いことを望みます、あなたは弱くなりたいです。「あなたは男性の衣類から借りることができて、まだ女性的に見えることができます」と、彼女は色っぽいメモで開きました:革のスカートまたはズボンスーツにモーフィングされた滑走路の下で彼らの方法を縫っているタイツと革のホットパンツは、とても正確に切られて、扱われます、そして、あなたは誰も彼らを望まないようにしました。 バッグ・小物 | レディス | エルメスの製品その好機は、Vanhee Cybulskiのテクスチャーされた革のカバンとトレンチコートからネイビーライニングで茶色の革のパフコートに、または、そのカスタード黄色のMashmmallowドーパミンのその余分なラッシュの最後に。ヘルム卿のsは服を売ることを目的としたショーに置かなければならない会社でありません、しかし、彼女の製品を明らかにするためにVanhee Cybulskiの動機が何であったとしても、それは働きました。

オーガニックコットンとエコキャンバスの認定森林から供給持続可能なビスコースで作られた

ロンドンファッションウィークの間、Vivienne Westwoodは、レギュラーファッションプレゼンテーションより劇的な環境抗議のより多くのショーでした。しかし、パリのVivienne WestwoodショーのためのアンドレアスKronthalerのために、焦点は服にありました、そして、彼らは偉大でした。アンドレアスは、新しい命題を作成している間、Westwoodのコードに関して激怒したコレクションを提示しました:スヌーズで飾られたドレス、漫画的な大きな肩での軍用のジャケット、彫刻的なbodicesから飛び出るcorsetry、タフな端をもつチンティジーフローラル。

ステラマッカートニーは、現在非常にいくつかの時間のための持続可能性のためのファッションの偉大な支持者の一つであったが、英国のデザイナーは、彼女が前にしていない方法で彼女の最新のコレクションの正面と中心を置きました。彼女は彼女のショーを使用して、500以上の動物種に帰属し、パームオイルの生産、伐採、紙パルプからの脅威の下にあるインドネシアの熱帯雨林に注意を喚起するために使用しました。彼女のハッツァーは、人々が誰かに木を捧げることができます。エルメス バッグコレクション自体は、日本の空手のベルトで飾られ、シルエットは、マッカートニーは、北の魂を探していたと述べた。作品の多くは、以前のコレクションからだけでなく、スウェーデン、オーガニックコットンとエコキャンバスの認定森林から供給持続可能なビスコースで作られた。ブルックリン・ラッパーLeikelip 47のポストにセットされてください、ショーはエコ・ファッションがとても必死に必要とするエネルギーの明白な感覚を持ちました。
二宮さんがファブリックで出来ることは注目すべきことです。特に日本のデザイナーはまだ小さなチームを持っていて、手ですべてを作っています。Azuma – Motoによる花の兜でモデルが現れたので、赤いバラの甘いにおいは空気を満たしました。劇的な形で展示されていたハニカム格子は、二宮の縫い目のないテクニックの結果であった。そして、それは布が結びつくのではなく結びつけられて、飾られることを意味します。ドレスと仕立て直しは、完全により彫刻的な何かへの認識を越えてツイストされる間、バイカー・ジャケットはケディックスカートでハイブリッドドレスに変形しました。二宮は、河窪本人の子女であるコム・デ・ギャル一族の一員。彼がブランドによって彼自身のプラットホームを与えられたということはほとんど不思議ではありません。

灰色の机、読書ランプとタイプライターを完備した典型的な企業の事務所は、トーク・ブラウンのショーのための会場をCole Nationale Sp . rieure des Beaux Artsで開催しました。各々の机は、それが20世紀のレスビアンの文学的な人物であるウナ、レディトラッジ、フレームの絵を額面につけました。彼女はRadclyffeホールのパートナーであり、Delothy Toddを含んでいた、そして、それがMarlene Dietrichが周回したグループの女性の一部だった。モノクルとズボンのスーツは彼らのユニフォームだった。レディ・マスブリッジのイメージは、ブラウンのシグネチャー・ハイパー仕立てのスーツとコートにくっついたコレクションで繰り返されるモチーフになった。 エルメス|中古品の通販ルックス土のようなユニフォームのモデルは、より多くの魅力的なアンサンブル-刺繍金ゴールドコート、trompe l – oeil bouclのスーツとして-犬の形のハンドバッグとのキャットウォークを降りてきました。

深刻な血統主義者(バレンシアガ、Cライン、リック・オーエンズ、ディオール)を持つファッション・ピストルとして、Kwaidan版の独り言とHit – Laは、常に彼らの最初のキャットウォークショーのために予想外の何かをするつもりでした。それで、デュオはパリの駐車場の地下で1をするのを選びました。パープルカーペット、座席とアランベガは、独立したスピーカーから飛び降りていた。彼らのコレクションのために、彼らは自分自身にいくつかの質問を尋ねた。女性になる方法?どのように真剣に撮影するには?「答えは、深刻なシャープさの感覚でした-レイヴ・フライヤー・スプリント、ファンキーなゼブラ、変なゴム製の革のコートとファンキーな黄色のゼブラプリントを通して、完全に流麗な仕立て、古い学校のバゲット・バッグと二重生命の唯一のヒントだけ。